転職する理由を考えてみよう

今の会社に不安や不満があるために皆さん転職をしようとするのです。しかし、転職をしない人も勤務している限り、多少の差こそあれ、何らかの不安や不満はあります。しかも転職して違う仕事場で、異なる仕事をするとしてもなにがしか困ったことが出てくるのも一般的だと察している人が大半だと思います。転職によって成功する人はほんの一握りであり、転職は賭けでもあります。

転職が満足のいくものかどうかは転職してからでなければわからないものだからです。それらのことがみんな、理解しているため転職に飛び込む人は不満だけでなく、それよりも強い動機があります。

例えば、あまりにも勤務時間が長く自分の好きな時間が少ししかなく体を休めることができないと、体の調子を悪くしてしまったり、鬱を発症してしまったりします。こういったことになってしまう前に、自分自身で転職先を探すこともあるのではないでしょうか。

これ以上この仕事を続けることが、体力的にだめという動機があるからです。そのうえ、人間関係が難しくなったり、不条理な業務に付くことになったりするとこの先も継続することができないと思うのではないでしょうか。万が一、ネガティブな動機で仕事を辞めるとしても、仕事先を決める時は自分自身によりよい仕事場を、前向きにいられる職場を探すと思います。今の職場に何らかの困りごとを感じていても耐え続ける人が多数ですが、転職することによって今よりもいい雰囲気の職場で仕事したり、給与が上がるとしたら転職を考えた方がよいと思います。

けれどもこのような消極的な動機で転職する人だけではありません。自分自身がスキルアップするために資格が取得できる職場で働くことを決心したり、自分のやりたかった会社に入るために仕事場を変える人もいます。その場合ははっきりした目標を持っている人が多数で、仕事場を変えることが最終目的ではないため、前提が整えば直ちに転職するでしょう。